こんにちは、堺市の歯科医院・初芝歯科クリニックの歯科衛生士の丹下です。


今回は歯周病の外科的な手術のお話をしようと思います。


当院ではこの手術を、歯ぐきの中の歯石を手用の器具で取りきれなかった場合に


患者さんの同意のもとでさせていただいております。


この手術の手順ですが、まず麻酔をして歯ぐきを切って開きます。


それまで手探り状態で取っていた歯石を、歯ぐきを開く事により直接みる事によって


ほぼ歯石をとる事ができます。


歯石を取った後は、開いた歯ぐきを糸で縫わせていきます。


手術後7?10日後に糸抜きを行います。個人差はありますが、


この手術をすることにより歯周病は改善されます。


ただし手術になりますので、後日痛みや腫れが伴うことがあります。


当院では歯周病治療に力をいれておりますので


歯周病を治したい方は是非一度ご連絡下さい。