堺の歯科医院・ナカノ初芝歯科クリニックのブログ

堺の歯科医院なら初芝歯科クリニック

2014年08月

こんにちは、堺市の歯科医院・初芝歯科クリニックの歯科衛生士の丹下です。


今回は歯周病になってるか、なってないかがわかる検査のお話をしようと思います。


まず、器具にメモリがついているのですが、


それで歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)がどれくらい深いかを測っていきます。


正常の数値であれば1~3㎜、歯周病になっている歯は4㎜以上になります。


なぜ、4㎜以上になったりするかというと、歯を支えている骨が溶けているからです。


この検査はよく患者さんに、痛くないか質問がありますが、


正直チクチクします。ただ歯ぐきの炎症が起きていない歯は痛みがないです。


痛いと感じたらその歯ぐきは炎症を起こしている証拠です。


なので歯磨きを頑張りましょう。

こんにちは、堺市の歯科医院・初芝歯科クリニックの政谷です。


歯周病は生活習慣が深く関係している病気です。


現在、喫煙する事で歯周病との因果関係が、はっきりわかってきています。


タバコの煙には、4000種類の化学物質、200種類の有機物質、


37種類の発がん物質が含まれているといわれています。


タバコを吸うと、ニコチンの影響で血管が縮まる事で歯肉の血行の悪化により


歯と歯肉へ栄養や酸素が行きわたらなくなります。


それにより、歯肉の最近に対する抵抗力が下がって歯周病菌に侵されやすくなります。

タバコを吸ってる方のお口の中は、歯の表面にタール(発がん物質)の付着、


歯肉は暗紫色でメラニン色素の沈着、出血などの炎症反応があらわれにくい、


など、さまざまな症状がでてきます。


また、本人は喫煙していなくても他の人のタバコの煙=副流煙を吸い込む事で


健康不被害を受ける事を受動喫煙もあります。


タバコを吸っている人が吸い込む主流煙よりも、タバコから立ち上がる副流煙の方が


毒性が高いのです。


お口の健康も身体の健康も気をつけていきたいですね。


こんにちは、堺市の歯科医院・初芝歯科クリニック院長の中野です。


今日は定期的に受講している大森塾の症例検討会がありました。

IMG_4318.JPG

症例検討とは実際に行った治療をスライドにまとめて発表し、


その治療の是非を皆で検討するものです。



 



今日はお二人の歯科医師の実際の症例を拝見させて頂きました。


私たち開業医は自分以外の実際の治療をみる機会がほとんど無い為、


他の先生の治療をみる事は大変貴重な体験です。


お二人とも大変見応えのある発表でした。

IMG_4324.JPG

歯科医師の知識・技術・考え方により治療内容やゴールが変わるという事も


再確認でき大変勉強になりました。

こんにちは、堺市の歯科医院・初芝歯科クリニック院長の中野です。


今日は、診療終了後に大阪市内で夜間に行われている歯科勉強会の


大森塾に参加してまいりました。

IMG_4314.JPG

今回は形成についての講義がありました。


形成とは歯を削る事を指します。


一度入れた被せ物・詰め物が外れるのは歯科医師の技量も原因の一つです。


外れないようにするには、外れにくくするように歯を削る事をすればいいのです。


大森先生から外れにくい歯の削り方のコツのレクチャーがありました。

IMG_4313.JPG

被せ物が外れて飲み込んでしまっては危険です。


ですから私たち歯科医師は被せ物が取れにくいための技術を磨くことが


重要になってきます。



こんにちは、堺市の歯科医院・初芝歯科クリニックのカウンセラーの政谷です。


歯周病を治療していく上で、歯医者での治療と


歯医者での治療を無駄にしない為に、患者様のセルフケアが大事になってきます。


せっかく歯医者できれいに歯石をお掃除しても、患者様がセルフケアを怠ってしまうと


またすぐに歯石が付着して、歯周病が進行してしまうという悪循環をくりかえします。


スクリーンショット 2014-09-05 13.15.49.png


図のように良い状態を保つ為に、患者様のお口にあったケアグッズを


歯科衛生士がお勧めしています。


  ・デンタルフロス ...歯ブラシでは届かない歯のすき間や



             



            歯周ポケットに付いた汚れを落とします。


  ・歯間ブラシ   ...歯周病が進行してしまい歯と歯の間が


            大きく空いてしまった所の汚れをおとします。


  ・ワンタフトブラシ...歯周病になりやすい所の細かい部分を


            きれいに磨けます。


  ・洗口液     ...水で薄めてうがいをすることで歯周病菌を殺菌し


            口臭予防にも効果があります。


セルフケアで、取りきれなかった歯石や歯垢は、定期的にクリーニングで取り


良い状態を保っていきましょう。



このページのトップヘ