こんにちは、初芝歯科クリニック歯科衛生士の中村です。

今回は歯垢染色液についてお話いたします。

普段習慣的に歯磨きをしていると思うのですが、
"本当に汚れがきちんと落ちているのかな?"とふと不安になることはありませんか?

歯の汚れである歯垢は歯に近い乳白色で、
見た目は歯と同じような色をしておりどこに磨き残しがあるのか分かりません。

したがってしっかり磨いているつもりでも、
気づかないうちに磨き残しをしており虫歯や歯周病が進行してしまうことがあります。

歯の表面は歯垢がついていない状態だとツルツルしていますが、
歯垢がついている状態だとザラザラしています。

舌で歯を舐めていただくと少しの磨き残しは分かることもありますが、
細かいところの磨き残しや舌が届かないところなどの磨き残しは分かりません。

そこで役に立つものが歯垢染色液です。

歯垢染色液を使うと歯垢が赤く染まり、
磨き残しているところが一目で確認できるようになります。

使うタイミングとしては、いつも通り歯磨きをした後に使用します。
そうすることによって普段の歯磨きでどの部分が磨き残しているのか確認できます。

特に歯ブラシの届きにくい奥歯や毛先が当たりにくい歯並びが悪いところなどは
磨き残ししやすく歯垢がつきやすいです。
その磨き残しているところに気を付けて磨くように意識して磨いていくと、
磨き残しが減ってきます。

何日か使っていただききれいに磨けるようになれば、
定期的に磨けているか確認するように使用していただくと効果的です。

歯垢を磨き残すことによって、虫歯や歯の着色の原因である歯垢が固くなり
歯石になることで歯周病の原因になってしまいます。

当院では成人の歯周病治療の一環として歯磨きの仕方を説明する際に、
またお子様の場合は最初の歯磨き指導の際や定期検診の際に使用してります。

当院の受付で販売しているものはこちらになります。

中村2

赤い液が入っていますので、そちらを綿棒などにつけて歯に塗っていただき
ゆすぐと歯垢が染まってきます。
染まっているところを確認し磨いていきましょう。

唇にリップクリームやワセリンを塗ることで
唇について赤く染まってしまうことを防ぐことができます。

皆様一度使ってみてはいかがでしょうか。
ホームページはこちらです堺・初芝歯科クリニック