こんにちは、初芝歯科クリニックの歯科衛生士の中村です。

寒くなってきて鍋がおいしい時期になってきましたね。

さて今回は、歯周病や虫歯で歯が失くなってしまった後のことについてお話したいと思います。

みなさん、歯がなくなってしまってそのまま放置をしていませんか?

そのまま放っておくと、なくなった歯の前後の歯が倒れてきたり、
噛み合わせの反対側の歯が出てきたりして噛み合わせが変わってきたり、
見た目が悪くなってしまったりします。

一度動いた歯は容易には戻りません。

したがって早い段階で失くなってしまった歯の代わりのものを入れることが大切になってきます。

歯がなくなった形にもよりますが、歯の代わりで入れるものが3パターンあります。

1つ目はなくなったところの前後の歯に橋渡しをして
ダミーの歯を入れるブリッジと呼ばれるものがあります。

こちらは固定式のため違和感が少なく比較的天然歯と同じような噛み心地になります。
しかし前後の健康な歯を削らなければならない、
土台となっている歯に負担がかかるといったデメリットがあります。

ブリッジ

2つ目は前後の歯や離れた所の歯にバネをかけて取り外しできる入れ歯です。

こちらは、取り外しができるのでお掃除しやすく
健康な歯もバネをかける部分のみ削らせていただく形になります。
しかしバネをかけるので違和感があったり、
バネをかけている歯に負担がかかったりするデメリットもあります。

いれば 

3つ目はインプラントと言って骨に人工の根っこを埋めて歯を再生する方法です。

こちらは、ほぼ天然歯に近い状態で噛めるようになります。
しかし治療期間が長いこと、外科的な手術が必要な事、保険が効かないというデメリットがあります。

インプラント

歯が亡くなったところをそのまま放っておくことはよくありません。

この3パターンを説明させていただきましたが
他にもメリットデメリットがございますので、
詳しいお話は歯科医院でご相談されることをお勧めします。

当院でも治療方法について気になる点がございましたらお気軽にご相談ください。
ホームページはこちらです堺・初芝歯科クリニック