みなさん、こんにちは!衛生士の濱地です。

8月に入り、益々暑くなってきましたね。

今日は歯磨きについてお話したいとおもいます。

さっそくですが、みなさんはいつもどこで歯磨きをされていますか??

洗面所、テレビを観ながら、お出かけ前の支度中、、などなど
磨く場所・タイミングは皆様ことなるかと思います。

しかし、あるタイミングで歯磨きをすると、
全身的にも効果が得られると言われているところがあります。
それは、入浴時です。

お風呂に入ると副交感神経が優位になり、リラックスした状態になります。

その時に歯磨きでお口の中を刺激するとサラサラとした良い唾液が分泌され,

同時に成長ホルモンの『パロチン』が分泌されます。
パロチンは歯や骨の再石灰化を助けるほかに、
全身の細胞の代謝を活性化させる効果があります。

そして身体が温まることで歯茎の血行も良くなり、
時間を掛けて歯磨きすることでしっかりと歯垢を取り除くことができ、
歯茎のマッサージにもなります。

歯磨きの理想的な回数は1日に3回ですが、
実際にきちんと時間をかけて磨くのはなかなか難しいことですよね。
しかし1日の中で最もお口の中に細菌がいるのは、夜から夜中にかけてです。
ですから、1日1回に歯磨きをされている方も、
たくさんの効果が得られる夜の入浴時に、ぜひ一度歯磨きをされてみてはいかかがですか。
ホームページはこちらです堺・初芝歯科クリニック

original